STARTUP CAFE JOURNAL オープン致しました! presented by スタートアップカフェ大阪

漠然と不安を感じていない?学生で起業するメリットまとめ

漠然と不安を感じていない?学生で起業するメリットまとめ

学生のみなさん、「起業」と聞くと、

・就職するつもりの自分には縁がない

・事業で失敗した場合には多大な借金をかかえる

等のイメージを持っていませんか?

 

確かに借り入れなどを行うと借金をかかえることもあります。

しかし、 ウェブサービス、広告、営業の代行など、初期投資をあまり必要としない起業方法もたくさんあります。
自身の許容できる範囲で起業することで、ビジネスの知見や将来の視野を広く持てるなど、将来への経験値を上げる可能性があります

起業した経験を活かして、就職活動や今後の将来を考える方もたくさんおられます。

 

この記事では、学生として起業という選択肢を選ぶメリットについてご紹介させて頂きます。

ビジネス経験があるからこそ、幅広い進路選択ができる

 

みなさんが大学在学中に起業をしたとしても、

・生活費を稼げるほどの事業にできなかった

・お客さんを獲得できなかった

・何らかの理由で事業が継続できない

等の理由で継続できない可能性もあります。

 

しかし事業の失敗は、「なぜ軌道に乗らなかったのか?」「本当に自分が情熱を持って継続していきたいビジネスではなかった」など考えることに繋がりますし、また「やりたいこと」「やり続けたいこと」を見つけるきっかけになる可能性もあります。

そして、起業した事業が軌道に乗らなくても、その後に新卒で就職活動に臨めることは学生起業家ならではの特権です。

 

学生という立場で学ぶことができる

最近では、行政、企業、大学等が連携して学生起業家を増やしていく取り組みや支援を行っています。
大学内で行なわれているビジネスコンテストや学生ベンチャー支援、正課科目も活用し、起業家や企業との繋がりなどを作ることもできます。

また、学生は社会人以上に、余剰時間を武器に変えることができますので、先輩起業家や社会人の方にアポイントを取るなど、行動面で活動しやすい環境にあります。

 

挑戦を実績にできる

みなさんが起業をした場合、事業に多くの時間や熱意等、持てるすべてを注ぎ込むと思います。

一生懸命に取り組んだ事業を辞めることになったとしても、社会との接点、繋がった人間関係、経験が消えることはありません。

 

自分で事業を行った経験は「行動できる若者」「社会/ビジネス経験がある若者」として魅力に感じてもらえることもあります。

実際に、IT関連のベンチャー企業だけでなく、大企業でも、起業経験者を積極的に採用しているところが出てきています。

起業することで、たとえ成功しなくても様々な経験や知識などの財産が残ります。

 

基本的な支出が少ない

社会人になると家賃、住民税、所得税、奨学金の返済といったように、自身で生計を立てなければない方も多く、毎月の支払いが増えていきます。

 

しかし学生であれば、国民年金の猶予を申請することができますし、大きく稼いでいなければ住民税も発生しません。

さらに実家から大学に通学されている方であれば、月々に支払う金額はさらに少なくなります。

毎月の出費等も計算しながら、自分に合ったビジネスを考えてみましょう。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

上記4つのポイントを踏まえ、起業は必ずしもリスクだけを負うのではなく、自身価値を高めてくれます。

起業はあくまでも手段であり、目的ではありません。自身の生活で負に感じることの解決方法や面白いアイディアが誰かの役に立ち、ビジネスとして成立する可能性があります。
誰もやってないから自分で行動する!それが結果的に起業に繋がります。

起業に関しての質問や、形になるか分からないビジネスアイデアなども、是非気軽にスタートアップカフェ大阪でご相談ください。

スタートアップカフェ大阪で起業相談

CTA-IMAGE スタートアップカフェ大阪では無料で起業相談を行なっております。 まだアイディアベースの方も、何から手を付けて良いのかわからない方も、カフェに来るくらい気軽にいらしてください。

起業コラムカテゴリの最新記事